”てあてさん”と呼ばれる整体スクール院長のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて6月です。
今日で5月も終り。
土曜コースは来週まで骨格調整をしますが、日・月曜コースの基本手技はここまででした。
6月は土曜日が基本手技、日曜日がPNFとストレッチ、月曜日が症例別の授業になります。


基本手技は全身を流れる12本の経絡(けいらく)に刺激を入れる手技です。
本当はこの手技だけでも全身の調整は出来るのですが、そのためには少し(いやいやかなり)時間がかかる。
半年から1年という限られた時間の中でもっと効果を出すために、骨格調整なども併用して行くようにしています。


PNFは運動療法・ファシリテーション療法の一つと言われているもので、筋肉のパフォーマンスアップを図る時に使う手技です。
ストレッチと言うのは、ストレッチの考え方や実際の方法を勉強・練習します。
整体院に来る最近の患者さんは、ただ症状が取れた良くなった軽くなったと言うだけでは満足しません。
良くなった後、自分はどうすればもっとパフォーマンスが上がるのか、予防するにはどうしたら良いのか、を知りたい方が殆どです。
他院との差別化と言う意味もあって、ストレッチの授業を行っています。
『ストレッチやって下さいね。』だけでは患者さんは満足しないですからね。
『あなたは○○だから、ここをこんな風にストレッチして下さい。気をつけるところはこんなところです。』なんてアドバイスをしようと思います。


症例別の授業と言うのは、症例別の対処法の授業です。
筋肉を緩めたり骨格を調整したりする手技を勉強しても、実際に来た患者さんをどうやって検査して、どうやって原因を考えどんな調整をすればよいかが分かりません。
肩こりや腰痛や膝痛の考え方や原因を勉強する授業です。
これがないと、開業した時に患者さんを前にしてどうすれば良いか分からなくなってしまいますからね。


と、6月は盛りだくさんの授業月間です。
名古屋では始めての勉強会も予定しています。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 >>>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。